研究紹介-避難と再定住 

 福島第一原発事故発生に伴う避難及び再定住は、とりわけ2016年の復興デザインセンター開設当初から重要とされたテーマであり、実践と並行して研究が進められてきた。避難と帰還、再定住のプロセスの整理に当たっては、小高区内の行政区ごとの比較に加え、近隣の被災自治体との比較を通じた俯瞰的なアプローチも採用されている。

 4. では、自治活動をはじめとする行政区の持続的な運営が課題であると指摘されている。5. では、2016年4月〜2017年3月に各行政区の集会所で開催された座談会の結果をまとめており、地区によって共通する課題、異なる課題を整理している。6. では、2016・2017年度のセンターの歩みについてふれており、テーマごとの議論と実践を幅広に模索する段階から「まちなか空地の菜園利用と、行政区における多様な取り組み支援」という2つの実践に移行した経緯について記している。7. では、小高区と浪江町について、住民の帰還状況や中心市街地の家屋解体・再建状況の比較を行っている。8. では、執筆時点で町域の全てが帰還困難区域に指定されていた双葉町をはじめとする被災7自治体についての比較を行っている。

  1. 窪田亜矢,益邑明伸,李美沙(2015)「複合被災地・福島県南相馬市小高区の地域構想:多様な集落の集合体としての復興」,日本建築学会大会(関東)農村計画部門研究協議会資料「災害としなやかに付き合う知恵-集落計画にどう活かすか-」所収 ,43-46
  1. 窪田亜矢(2016)「地域を持続させる二つの方法 — 『被災の記憶の継承』と『復興に向けた歴史の共有』」、月刊文化財、文化庁、通巻632号、14-17pp
リンク
  1. 窪田亜矢(2016)「五年目の復興計画を検証する — 津波被災地と原発被災地の二つの事例から–」、「都市問題」公益財団法人後藤・安田記念東京都市研究所、107巻3号「復興の現在 -震災から5年」、88-96pp
リンク
  1. 益邑明伸, 窪田亜矢,李美沙, 萩原拓也, 太田慈乃(2017)「福島第一原発事故に伴う旧避難指示区域内における帰還の現状と課題 南相馬市小高区を事例として」

  keywords: 避難指示区域 帰還 再定住 災害復興

  1. 李美沙, 窪田亜矢,萩原拓也, 益邑明伸(2017)「避難指示解除後の自治体の取組みから見えてきた課題 − 南相馬市小高区における行政区座談会を通じて −」日本建築学会大会学術講演梗概集所収

  keywords: 行政区 複合災害 避難指示解除 座談会

リンク
  1. 窪田亜矢, 李美沙, 萩原拓也, 益邑明伸, 北原麻理奈, 新妻直人, 水上俊太, 井本佐保里, 鈴木亮平(2018)「小高復興デザインセンター設置の経緯とこれまでの活動概要 避難指示解除を迎えた原発被災地域・南相馬市小高区の実態把握と復興に向けた取り組み〜その1」 日本建築学会大会学術講演梗概集(都市計画)所収

  keywords: 原発被災地域 復興 小高復興デザインセンター 行政区 構想

リンク
  1. 窪田亜矢, 李美沙, 萩原拓也, 益邑明伸, 北原麻理奈, 新妻直人, 水上俊太, 井本佐保里, 鈴木亮平(2018)「南相馬市小高区と浪江町の避難指示解除後の実態比較からの考察 避難指示解除を迎えた原発被災地域・南相馬市小高区の実態把握と復興に向けた取り組み〜その5」 日本建築学会大会学術講演梗概集(都市計画)所収

  keywords: 原発被災地域 福島県浪江町 帰還 家屋解体

リンク
  1. 窪田亜矢, 萩原拓也, 奥澤理恵子, 李美沙, 小原寛士, 新妻直人, 北原麻理奈, 鈴木亮平(2019)「原発被災地域における七自治体の特徴に関する比較考察 原発被災地域における小高復興デザインセンターの取り組み〜その 3」日本建築学会大会学術講演梗概集(都市計画)所収

  keywords: 原発被災地域 相双地域 避難指示解除 復興 帰還

リンク
  1. 窪田亜矢(2019)原発被災地域におけるゾーニングに関する研究 -福島第一原発被災地域の緊急避難・応急避難・長期化避難の三つの期間を対象として、日本建築学会計画系論文集、vol.84、763号、1947-1956

  keywords: ゾーニング 復興計画 復興事業 中間領域 空間計画